GOLDEN LEGACY犬舎
ケンネルサロン ヴェラ
東京都北区赤羽西1-29-18
TEL・FAX 03-5993-5992

メール

ケンネルサロン ヴェラ&
GOLDEN LEGACY犬舎
東京都北区赤羽西1-29-18
動物取扱業登録
販売11東京都販第000763号
保管11東京都保第000763号
登録更新年月日
平成23年12月20日
有効期間末日
平成28年12月20日
戸田 節代


仔犬を迎える準備

こんなかわいい子をお迎えとなると心が穏かではなくなりますよね。

此処でお迎えになる前に注意事項をメモしておきましょね。

色々と準備なさる前にその犬舎で使用しているものなどがありますので、
なるべく今までの状況に近い必要なグッズをそろえてあげることが
仔犬は、1番ストレスがなく安心できるものです


それはブリーダーさんが長年の経験でその仔に合ったものを仔犬のためにセレクトして使っているからです。
食べ物だって、お布団だって その仔その仔に合うものを使って愛情かけて育てあげているものです。
私は、そんな優しい心使いの方へお迎えしていただきたいと心から願っております。

仔犬を迎えるにあたってお金をかける必要はないのです。
手作りのお布団とサークルこれも優しいパパさんに作って貰っていただくことがべビィに1番です!!
何故って。。。。。。
より深い愛情がわいてきます。
家族の手作りのお部屋なんて見ているだけでハッピーですね。
後は、食器と毎日スキンシップをとるためにブラッシが必要です。
「手作りのおもちゃ」なんてとっても素敵ですね。

べビィの時は、何よりも声をかけて愛情を持って育ててください!!
何から何まで買い揃えなくても大きくなるにつれそのこの性格にあった必要な商品を買い足していってくださいね。
案外買い揃えてしまって使わないものがでてきますよ!!
だから相談してくださいね!!いつでも何でも。。。。お待ちしております。

(わんこは、同じ種類であってもその性格によって揃えるものがちがってくる場合もありますので・・・・・)

下記の仔犬の育て方をごらんください。

下記以外にも質問・疑問などありましたら

アフターフォローとしてお電話・メールFAXなど仔犬のことに関して365日承っておりますので食事のことから躾までどうぞお気軽にご相談お受けしております。

メールはこちらから


 仔犬の育て方
 
長年ヨーキーの繁殖をしていて 私なりの独自の子
育て方法を列記してみました。
ヨーキーでも色々な個性の仔がおりますので、此処
では、私の所のヨーキー(血統)に焦点を絞ってみ
ましたのでもしかしてアメリカの血統の血を強く引
くタイプの仔は、また違った方法があるかもしれま
せん。
そのところは、どうぞ ご承知おきくださいね。 

 


  ここに列記した内容は、
 
あくまでも 私のところの仔犬GOLDEN LEGACYの育児(仔犬)方法です。


 
   GOLDEN LEGACYの仔犬たちは、比較的オーバーサイズになるよ
 うな子が少なくて3回の食事は、必要ありません。(1日2回です)それより質
 を優先してあげてください!


 
  べビィを、新しいお家にお連れして 皆さん どの位食べさせて良いか判らない!!
  などの ご質問いただきますが、仔犬をお連れしましたら、先ず「お料理用の計
  量ハカリ」を用意してみて下さい。
  毎日 そのハカリに載せて量ってください。一つの目安となるでしょう!!
  小さめの子でしたら、2日で10gから20g位増えます。
  その仔の成長は、個体差がありますので此処では 何グラム増えたら良いと
  いうことは差し控えます。
  何しろ お連れになった体重よりマイナスにならずすこしづつでも体重がふえ
  ていれば、育て方は良しとしてください。
   そんな気軽なお気持ちで接してくださいね




  其れから お連れしたその日から「可愛い・可愛い」といってサークルから
  出してしまいますと今度から  サークルに入るのを極端に嫌います。
   いつの間にか折角お揃いになったサークルも使わなくなっておトイレが覚
  えないと不満を言ってこられる方が、多いです。仔犬は、まったく知らない
  空気の違った場所にお連れしてたいへん心細い思いをしているのにかわいそ
  
うだからといって抱っこをしては、もっと依存心の強い子になってしまいます。・・・・
  かわいそうだからではなく かわいそうな子になってはもっとかわいそうな
  のです。
   精神的に弱いもやしっ子にしないで 精神的に強い良い仔にそだてて下さ
  るのはオーナーさんのわんこに対するおもいやりです。其れではどうしたら
  良いでしょう・・・
  先ずは、お連れして最低2週間はサークルから出さないことです。
  (ここで一人でいることを学ぶのです。自信にもつながります。)
  そうしていますと大体の子が、トイレトレーニングが成功しています。
  そこで1回サークルから初めて出してあげて下さい・・・・・
  サークルから出して おしっこなど粗相してしまったら 再度サークルに入
  れてください。
  最初からやり直しです・・・・
  サークルの中で、トイレにきちんとおしっこなどができましたら
  「ボーロ」(ビスケット類)などのご褒美などを与え誉めながら声をかけて下さい。





   此処では、おやつはどんなものが良いのでしょう。
  仔犬・わんこにもっとも良いおやつは・・・・♪ビスケット類・ガム・お魚類
  (にぼし)・お芋・人参・などの野菜で作ったビスケットなど・・・
  ♪何でもおなじ物を上げていますとわんこは、すぐ飽きてしまいますので色々
  と替えてみるのも良いでしょう。
  (ガムは、かんでいる所が白くなって固く、乾ききったようなガムは飽きてし
  まいますので古くなったガムは処分してください。 
   又 1週間に1回と言うように決めて与えると飽きがきません。)

 5、i犬ミルクについて
   犬ミルクは1日1回以上は、あげて頂きたいものです。
   病気になりにくくして免疫を作ります。
   人参・小松菜・きゅうり・かぼちゃ・ジャガイモ・りんご・トマト・ブロッ
   コリーなど生のまま で上げられるヨーキーには上げて下さい。
   人参は、私のブリーダー経験上でアレルギー・血液関係の病気大変効果があ
   ると思われます。

   暇があったら、時間があったらいつも仔犬のうちから言葉をかけてあげてく
   ださい・・
   仔犬は、言葉のイントネーションによって(音の感受性等は人間よりはるか
   に良いとされていますの
   で、)を良く聞き分けて理解するようになります。。。。。

 6、トイレトレーニングができて さぁ〜お部屋に!!リビングに!!
   あなたの家の床は、フローリングではありませんか? わんこには、毎日ス
   ケート場にいるようです。。。。
   膝関節・股関節・脱臼などの病気になりやすくなります。
   できるだけ工夫してください。。。(マットを敷いて、できるだけ滑らない
   工夫をなさってください)足が
   丈夫だからと言って大丈夫などと思っていますと数年経った時には、足関節
   が弱くなって手術になることがありますのでお気をつけ下さい。

 7, お散歩デビューは
    仔犬の社会勉強には大変良い場所です。その代わり危険も沢山ありますが
   健康・ストレス解消には、最高なところです。

    さぁ〜今日は、お外に・・・・
   リード・ハーネス・首輪、どんなものを選びましたか?
  小型犬は、(特にひっぱたり矯正が、必要でない場合は)ハーネス・+引き紐
  の方が、色々な意味でベターです。
  (例えば急に 大きなわんこに襲われそうになった時や危険な時にすぐ引っ張
  り上げことができますが首輪+リーシ(引き紐)は引っ張った時に首の骨に異
  常を起こすことにもなりかねません。
  かわいいデザインだから・カッコ良いからだけで 選ばず この可愛い仔の為
  にも本当に必要な優しいリードを求めるべきと思いまいす。

  ★お散歩で 気を使って欲しいことは、初めて行き会ったわんこ同士では、最
  初から手を出してなでたり、だっこしたりしないでください・・・相手のわん
  こは、今日始めての、お散歩に来てびくびくしているかも知れません。。。
  手を出したあなたの手は、まったく知らない手です・・・
  これが、初めてのわんこには、トラウマになってしまったりすることだってあ
  るのです。




    ♪ やたらに行き会ったわんこにおやつ・ご褒美・といって ものを上げな
    いことです。
    相手様は、もしかして無駄に上げないようにしているかも・又おやつを止め
    られているわんこかもしれません・・・・

    ♪ 長年わんこをお飼いになっているからと言って犬種が違うのに色々と相
    談・指導・指示などは、
    絶対にお止めになった方が
    親切になることもありますよ!!
    わんこをお飼いになっているかたは、とっても他人様の面倒見が良いので
    色々と間違ったことを教えてしまったり 教わったりして私の所まで確認
    にご相談にこられる方も少なくはありません。

8、   お留守番はどうしていますか?
    いつでも一緒に毎日いて上げられる事ほどわんこにとって幸せなことはな
    いでしょう・・心配も心細さも寂しさも味わうことがなく過ごせるのは、
    わんこにとって一番心強くいられるからです。
    其れでは 何方かがどうしても家をあけることになったときどうしますか?
    不幸にも病気で入院なさることになったらどうしてあげられるでしょう。。。
    考えてあげてください!!
    キット 心配で寂しくて ご飯もお水も喉に入らなくなるでしょう。。。
    この状態をお考えになって もし。。。。
    ご自分の所のわんこが。。。。と思ったらその方が可哀相ですよね。
    やはり一人でのお留守番は、できるようにする必要がありますね。
    仔犬の時から躾けましょう。4.此処では、おやつはどんなものが良いので
    しょう。
    仔犬・わんこにもっとも良いおやつは・・・・
    ♪.ビスケット類・ガム・お魚類(にぼし)・お芋・人参・などの野菜で作っ
    たビスケットなど・・・
    ♪.何でもおなじ物を上げていますとわんこは、すぐ飽きてしまいますので
    色々とバリエーショんを組んで上げるのも方法です。
    (ガムは、かんでいる所が白くなって固く、乾ききったようなガムは、飽き
    てしまいますので古くなったガムは処分してください。
    白くなったガムは硬いため痛くて口にしなくなる場合もあります。
    又 1週間に1回と言うように決めて与えると飽きがきません。)

9、 ドッグフードについて
    仔犬をお連れしたときは指定のドッグフードを必ずと言って良いほど差し上
    げる方が多いですが時間が経つと段々食べなくなって、色々なフードを買い
    求めます。。。どうしてですか?
    どうして 食べなくなったのですか?
    必ず原因は、オーナーさんにあるのです。
    1日の消費カロリー(必要カロリー)より多く殆どの方が上げています。
    其れでは、どんな仔だっていずれは食欲がなくなってきます。
    すると病気ではないかしら?。。。。。他の食べ物を。。。というように今
    現在 食べているフードが飽きたわけでもないのに
    本当の意味でたべなくなった訳でもないのに次々と美味しいものを見つけて
    あげるようになります。。。。
    もう わんこにオーナーさんが、躾けられています!!
    わんこは、もっと美味しいものを買ってきて頂戴!!見つけてきて頂戴!!
    とオーナーさんをわんこが躾け始めたのです。。。
    こうなったらわんこのペースにはまっています。
     どんどんわんこの病気(わがまま・肥満)の根が張り出してきています
。。。。
  
     其れでは、どれだけどのように上げるべきでしょう。。。。
     それは 「腹八分」にしてあげるのです。
    どんなわんこでもいつまでもオーナーさんが、1番 体に良いフードですよ!!
     といって聞いてきたフードを食べ続けるでしょう。
     食べなくなったら 1食抜いてみてください。
    (生後2カ月までの仔と極小の仔は、きちんと与えてください。)
     (わんこの体に1番良いことです)・・・・これは、健康で長生きの秘訣だ
     そうです。
     
どうぞお試しになってください。。。わんこの性格が、変わってきます。・・・・びっくり!!
     *45日位の月令の仔はミルクを常に上げておくのも良いでしょう。

     おやつは、原則としてあまりあげません。
     でも どうしても躾などで上げなくてはならない場合は、ビスケット系をお奨
     めします。
     又 1週間に1回ガムを上げてください・・・硬めなガムを・・・歯磨きのた
     めに・・・・毎日置きっぱなしでは、いつでもあるから
     今 噛まなくてもと思いどんなにおいしいガムでも噛まなくなるでしょう。
     すると柔らかい美味しそうなガムを買い与えますそれですぐお腹がいっぱいに
     なって、ご飯を食べなくなるのです。
     それよりもお野菜を煮て。。。。又きゅうり・キャベツ・人参・りんごなど生
     で細かく切って下痢をしない程度上げて下さい。
     
10、日ごろの関り方
     ヨーキーは、特に元来何かをして 成果や結果を認めて貰うことに喜びを感じ
    る動物です。
    ですから何か良いことをしたら大きな声で心から褒めちぎってください。
    又 その喜びをいつまでも覚えて良いことをして誉めてもらいたいと常に思う
    ようになります。
    もう確実に信頼関係ができ上げリました
・・・どんないやなことでも我慢します・・・・
    これが飼い主さんとの深い絆になって総てを許し上下関係が出来上がっていく
    のです。そのときに、最低でも「待て」 「よし」 「座れ」は誰が言っても
    言うことを聞くようにして おくべきです。
    これはいざとなった時 大変助かることなのです。
    其れから小型犬の中でも比較的ことばを理解しようとする犬種ですので、日ご
    ろなるべく声をかけて接してあげてください。
    3歳頃から(そのこによって個体差がりますが・・・)オーナーさんの言うこ
    とを良く理解するようになります。
    例えば玄関の新聞もって来て!!・お散歩のリード持ってきて・・・!!靴下
    持ってきて!!ご褒美持って来て!!。。。。などなど
     ヨーキーをお飼いになっている方は、是非チャレンジしてください・・
    ヨーキーの頭の良さを再発見してしまいます。

11、シャンプーについて
     仔犬は思ったより活発ですから成犬より汚れますので、3週間に1回は、専門
    の美容室で行って良い習慣つけてもらってください。ある程度 年月がいきまし
    たらご自宅でも行うことができるようになります。
    ただ 爪きり・肛門腺絞りなどは、充分に気を使って行ってください。
    シャンプーは、是非シルキィな被毛に効果的なシャンプーをお使いくださいね。
    ヨーキーの、皮膚は敏感ですので人間用のシャンプーなどでは絶対に洗わない
    ようにしてくださいね。
    ヨーキーの被毛は、痛みやすく皮膚は乾燥しやすいのです。



12、日ごろ特に気をつけたいこと
   毎日愛犬の状態を見てあげるためにもスキンシップととるためにも5分間膝の
   上で体を触ってください。
   (皮膚病・腫れなど・爪が伸びていることなど発見ができます)

13、飼い主は、わんこの鏡です。
   神経質な飼い主さんは、神経質なわんこに・静かなご家庭は、温和なわんこに・
   明るい飼い主さんは、明るくてフレンドリィなわんこに・・・・・と言うように
   飼い主さんにそっくりになってきます。
   お顔だっていつの間にかそのご家族の誰かに似てきますよね!!
   わんこのべビィ時は、まったく 無に近い状態にあります。
   ある程度の もって生まれた性格の違いはありますが、そのお家の環境が、80%
   以上の影響をうけることがありますのでどうぞ
   どんなヨーキーに育て上げるのかお考えになって、関るべきでしょう。

    外は、汚いからといって外に一歩も出さないで過ごしたわんこは、他のわんこより
   足の筋肉量が少なく(年をとったときに足に色々な病気が出てくる可能性がありま
   すので)外界からの免疫がないのですぐ皮膚病・感染症の病気(免疫力がつかない
   ので)になりやすく観るもの音がするもの総てが怖くて、お家以外の空気を吸う事
   が、ストレスになってしまいます。ストレスは、病気になりやすくもします。
      あなたは、1番可愛いこの仔に良くお考えtになって良い仔に育てあげてくだ
  さいね。

14、食の細い仔は
     成長の遅い子・サイズが極小のヨーキーは、ムラ食い・偏食・少食などで苦労
     します。
     そのようなヨーキーは、生まれて15カ月位は、色々な食べ物を食べさせてい
     ただいてもかまいませんが、何時までもそのような食べさせ方をしないでなる
     べくドッグフード切り替えてあげてください。
     犬ミルクなどを中心にあげていただいて、蒸かしたさつまいも・煮干のふりか
     けを入れたおかゆ・カルシュームを強化したささみの細切りなど目先のかわっ
     たものなどを上げてみて下さい。
     成犬になれば、色々なフードがありますので、必ずその仔に合ったフードを見
    つけ出すことができます。
     食べないからと言って、手から1つづつ毎日食べさせるということはしないで
    くださいね。動物元来のの本能をなくしてしまいます。
     ★3ヶ月位から 歯が生え変わりますので噛むことができなくて食がおちるこ
    とがありますので、そのときは柔らかいものを
(ウエットのフードなどが良いです)
    上げると良いでしょう。

    対犬恐怖症
    ワクチン2回目が終了したら、公園デビューしてください!
    最初からは歩かないわんこもいますので、最初は、抱っこして・・・・そのと
    き充分わが子の動き(行動)を研究してあげて下さい。
    モジモジしておりたい様でしたらそこでリードを付けたままでおろしておいて
    みてください。
    1足2足歩き出したら成功です。
    まったくその気を見せなかったら その行動を3・4回続けてください。
     そして なが〜いリードをつけて飼い主さんは、座ってそのまま 地べたに座
    って動き出すまで待ってください!!
    又 興味のあるボールなどを転がして追いかけさせても効果的です。
    必ず歩き出していきますので・・・・わんこは動くものに1番興味をもつ動物
    です。そのように辛抱強く外に出して興味を誘うようにして 外界のわんこた
    ちの動きなどを見せることによって そのこの性格が、
    良い方向に変わってきますがまったく外界との交流がない状態で成犬になって
    しまいますと対犬恐怖症になってしまったり、神経質な性格のわんこが出来上
    がります。
    成犬になってからでは遅すぎますので2回目のワクチン終了したら是非わんこ
    の外界との社会勉強(わんこはこれが学校教育なのです)を一緒にしてあげて
    ヨーキーの本来の性格を引き出して愉しい思い出を沢山つくってくださいね。

     外は、汚いからといって外に一歩も出さないで過ごしたわんこは、他のわんこ
    より足の筋肉量が少なく(年をとったときに足に色々な病気が出てくる可能性
    がありますので)外界からの免疫がないので、すぐ皮膚病・伝染性の病気(抵
    抗力がないので)になりやすく観るもの、音がするもの総てが怖くて、お家以
    外の空気を吸う事が、ストレスになってしまいます。
    ストレスは、病気になりやすくもします。
     どうぞ 早く一生を終わらせるのも健康に長生きさせてファミリィがいつもハ
    ッピーな毎日が過ごせるかオーナーさん次第ですのでお子様を育てるように充
    分なオーナーさんの考えをもって接してあげてくださいね!!

    この他にも仔犬の育て方は多種多様ございますので此処にあった細かいアドバ
    イスをさせていただきますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。


個人情報をお預りして、お預りした個人情報保護の重要性を認識し、
個人情報を適正かつ厳格に維持管理させて頂きます。


                    トップへ

 
このサイト内の写真、文章、画像の無許可転載を禁止いたします